アークという言葉には、「箱舟」という意味が含まれています。
設立時には鈴木孝士郎の一文字「T」と、穂積進の一文字「S」を入れて二人の箱舟として会社をスタートさせました。「この箱舟に乗せた社員達を荒波から守り、次のステージへ運びたい」そんな思いを込めています。


箱舟以外にアークという言葉には、「弧状〔弓形〕を成すもの」との意味があります。ロゴマークには弓形を起用し、「アークティーエスが矢のごとく次のステージへ届くように」との思いを込めています。